世帯年収500万円、子ども2人、40歳夫の考え事

日々の生活、考え事をブログにしておくことにしました。

結婚について

自分にとって結婚は人生の目標の一つだった。

 

大人になったら結婚し家庭を築く、理由を考える前に常識だと思っていた。できなければ仕方がないが、しないという選択肢は頭をよぎらなかった。

 

しかし最近、若い世代の意識調査のようなニュースで、結婚願望のある人が減ってきているらしい。

実際、自分の周りにいる年下の人も結婚はしないと決めている人が何人かいる。

理由を聞くと、金銭的に厳しくなるのがイヤとかとケンカした時大変そうとか、ネガティブなイメージからきている。

自分も、その気持ちはわかる。

でもいいこともたくさんある。一つ例を挙げるなら、自分の場合は、気兼ねなく好きなことを会話できる人ができた。会話内容によっては少々言いすぎることもあるが、妻なら聞いてくれる。

 

前に、『年をとると周りが結婚して一緒に遊べる友人も減ってくる。結婚はしておかないと後で一人になっちゃうよ。』と助言してくれる人がいたが、独身者が増えれば遊べる友達も減らないかもしれない。

そこは、確かに結婚しないという選択肢もありなのかもしれない、、、

 

結婚して子供を授かったとすれば、育児も大変だ。すべてが子供中心の生活が始まり、夫婦の会話も子供の泣き声に遮られてしまう。テレビは幼児向けの番組になり、日常の買い物も買うものを決めて短時間で済まさないと、授乳、おむつ替えがやってくる。

ストレスが溜まらないといえば、嘘になる。

 

でも自分の場合は、子供ができてよかった。

まだ2歳の娘だが、生まれた時からの2年間の写真、ビデオを見返すだけで、その成長に涙が出てくる。なんともいえない感情だ。

自分の生きがいができた。

 

結婚するも、しないも自由だと思うが、こういうのはどうだろう?

 

自分はゲームが好きだったのでこういう発想になるかもしれないが、子供を無事成人させることができた時の喜びは、RPGのキャラクターを育てる何倍も達成感があるのではないだろうか?